アルファ工房の家づくり

コンセプト

環境に、人にやさしく、快適な住まい

昔の家は長持ちして家族団欒で精神的に温かみのある住まいだったのに
最近は健康に有害な人工的な材料が多く、
家に帰ってもなんとなく落ち着きにくく家族が別々の部屋に閉じこもってしまい会話が少ない。
そして日本に住みながら日本の気候風土に合わない建物・素材 ・・・

そんな疑問から、アルファ工房は『環境に、人にやさしく、快適な住まい』を考えています。

日本独自の春・夏・秋・冬の気候に合った「木」・「土」・「鉄」・「石」などの自然素材の
柔らかさ、暖かさ、そして独特の匂い、肌ざわりと「光」「風」を取り入れて、
「快適で健康で家族が和む住まい」を、お客様と一緒に考え、
共に満足できる住まい作りを目指しています。

木と健康について

森に行くと、エネルギーを蓄えた樹木がストレスで疲れきった私たちの心と体を癒してくれます。

東洋では、樹木などから世紀を吸収することを『精気』と呼んで、
ヨーロッパでも「丈夫になりたければ森に行き、
好きな木に抱きつけばよい」と古くから言い伝えられています。
1930年代にロシアのトーキン博士が樹木から発散される揮発性の物質が
人間の心身の健康によい影響を与えると発表され、
その物質の一部はフィトンチッドと名づけられ自律神経を安定させる働きがあり、
『採気』の効果は科学的にも証明されてパワーを増強させるにも効果があります。

樹木から気をもらうには生育の旺盛な木が適しています。
適当な木を見つけたら、50cmくらい離れてリラックスして立つ。幹に手のひらをかざして、
意識を手のひらに集中する。すると、手のひらが軽くしびれたようになる。
それは樹木の気と人間の気とが交流を開始した印です。

それを感じながらゆっくりと呼吸して樹木の生き生きしたイメージを思い浮かべましょう。

樹木を通して,自然界の気が全身に流入してきます。
弱っている臓器の種類によって効果のある樹木があります。
肝臓には『松』、心臓には『リンゴ』、肺には『ポプラ』腎臓には『柏』などが適しています。

まずはここから~アルファ工房の家づくり~

アルファ工房の家づくりのポイント
アルファ工房の家づくりのポイント

アルファ工房の家づくりのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

家づくりの流れ
家づくりの流れ

ご相談から完成までの家づくりの大まかな順序が分かります。

詳しくはこちら

最近の施工事例
最近の施工事例

アルファ工房が最新の施工事例をご紹介します。

詳しくはこちら

お住まい拝見レポート

アルファ工房の家を訪問してお話を聞いてきました。

詳しくはこちら

お客様インタビュー

実際にアルファ工房の家に住まれている方にインタビューしました。

詳しくはこちら

ZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

省エネ・創エネというZEHの基本的な特長についてお教えします。

詳しくはこちら