リフォーム事例

H様邸 リフォーム事例

築40年のH様邸は、伝統的工法の木造平家建て住宅。
一見美しいバランスのを持つ住宅ではあるが、室内は南北が廊下で区切られ、
立派な和室の続き間が南庭に面した陽当りのよい位置に。
家族の営み空間(食堂・台所・茶の間)が寒くて暗い―北面に。

典型的昭和の民家住宅である。(古民家は廊下がなく田の字型です)
世代が変わり、大らかな子育てをされる夫婦からの要望は、「開放的で明るい空間」
「使い勝手の良い水まわり」などでした。

アルファ工房が行ったリフォーム内容
  • まずは立派な庭に面した縁側。2間続きの和室そして窓のない茶の間、閉鎖的な廊下をも取り込み、
     生活の中心、居間、食堂、キッチンを持っていきました。
  • 北面は子供部屋であり、夫婦の寝室に―。子供たちはこの居間を通り部屋へ。
  • またH様邸は天井に立派な丸太梁が通った伝統的和小屋であったので、見せることに―。
     築40年という事なので、もちろん耐震補強もしながら工事を進め、
     開放的でふれあいに富んだ暖かい生活空間になりました。
  • 日本の木造の伝統構法は、部材の取り換えが可能という大変優れた特徴があります。
     ここH様邸も腐った土台や柱は取り換え世代を越え長く住み継いてゆく本来の
     日本の家づくりをさせて頂きました。