リフォーム事例

M様邸 リフォーム事例

築30年のM様邸は伝統的木造住宅の持つ屋根の流れの美しさと、
柱や梁の規則正しいみごとなバランス―
日本の昔の大工の持つ技のすばらしさに気持ちの引きしまる思いをした家です。
2世帯住宅にするという事で、2階に若い世代の生活の場を―。
大黒柱を中心に和室や納戸がふすまひとつで田の字にめぐらされています。
子供の成長にあったある程度のプライバシー空間の必要性、そして、最小限の水まわりを2階に―。
との要望のM様邸は、家族全員が和ごころと遊びごころ、そしてこよなく自然を愛していました。

アルファ工房が行ったリフォーム内容
  • 南北に大黒柱をとり込み、第2の居間、そしてミニキッチンとフリールーム。
     夫婦の寝室、子供部屋も南北に開口を―。
     自然のエネルギー「風」をとり込むことにより、夏、暑い2階を涼しく暮らす。
     1Fから2Fには、すぐ部屋ではなく、小窓が並ぶ開放的な廊下を―。
     それにより(2世帯)1階2階の住まい分け、プライバシーが暗黙の了解の上に成り立つ。
     ―ファジーな空間・・・1階の階段から2階の廊下へ。
  • 立派な和小屋の丸太梁りをみせて大らかな空間。
     立派な丸太梁や大黒柱を見せることにより守られているという心地良い安心感を
     感じずにはいられません。
  • 古民家には長い年月を生きた住まいだけが持つ趣と凛とした佇まいがある。
     先人が作り上げ残してくれた「伝統的木造住宅に学び」「敬意をはらう」
     古民家再生へのアルファ工房の信念です。